土壌診断から有用菌の培養まで独自で行う
土壌診断から有用菌の培養まで独自で行い、キノコ培地のリサイクルによる自家製堆肥の製造。JAS有機対応のミネラル肥料、有機質肥料の散布により自然環境により近い農業を実践しています。
全ては果樹の環境作りに全力をそそぐ
全ては果樹それぞれがいかに健康に育つ環境を作るかに全力をそそいでいるからなのです。
樹木の幹、枝、葉の状態を常に観察し必要最低限の農薬散布により年々、果樹の健康状態が良くなっていることを実感出来て来ています。
樹の力を最大限引き出すお手伝い
フルーツ童夢の活動は果樹栽培ではありますが人が果実を作るのでは無く樹1本1本の力を最大限引き出し、より光合成能力を高め成長をしてくれる為のお手伝いをしているに過ぎません。
そして20°が実現
そのために土づくりから丁寧にじっくり取り組んでいる結果、気象状況に関係なく糖度20°を越える果実作りが少しづつ実現出来る様になりました。
目指しつづける本当に美味しい20°
そして、20°を越えるただ「甘さ」だけを追求するだけでなくミネラルバランスの改善でビタミン豊富な「本当に美味しい20°」の果物作りを追求しています。
より多くの20°越えの果実が収穫出来るよう栽培を行っています。

土壌診断とは:樹木が育つ住環境を整える為、土壌中のミネラル(微量要素)、窒素、燐酸、カリの土壌内含有量、土壌硬度を調べます。
診断結果から必要量の施肥を必要なタイミングで施肥し、土壌の硬さを調整する目的として樹木根を痛めない機械利用では無く有用菌で土壌を耕す菌耕栽培を行います。

カテゴリーから探す

ショップについて

園主 山田陽介

新潟のフルーツ童夢やまだ農園
フルーツ童夢やまだ農園は、新潟市南区のフルーツ観光農園です。 フルーツ童夢イチオシの桃をはじめ、梨や洋なし、ぶどうなどの販売や果物狩りを行っております。 太陽の光をたくさん浴びた、おいしい果物をぜひご賞味ください!直売も行っており観光農園では、イベントや直営ジェラートカフェ「コンタン」も営業しております。